TOP プロフィール フォルクローレ スケジュール Photo Discography twitter メール スタジオ
トレス
スタジオ
ブログ


 

TAKISUNは、南アメリカ、アンデスの音楽を演奏しているグループです。
タキスン(TAKISUN)はケチュア語(アンデスの言葉)で「歌いましょう」という意味です。

日本ではTAKISUNという名前で活動していますが、今後ペルーなどではHERMANOS TORRES(エルマノス トレス)という名前で活動する予定です。
兄弟2人でオリジナル曲もどんどん作っていっていますので、一緒に楽しんでいただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。



フリアン・トレス・サルワ






ペルー・クスコ出身。
ペルー・アレキパのLuis Dunker la Valle音楽学校にて音楽を学ぶ。
在学中からペルー国内の様々なイベントにて演奏を行なう。

初来日。東京を中心に演奏活動後
帰国。
同年 再来日。以後関西を中心に活動。
2006年


TAKISUN結成。関西・東海・九州で演奏活動を行なう。

担当楽器 ギター・サンポーニャ・ケーナ・ボーカル
CD収録


「Caballomanta」
「KERUMANTU vol.1・2・3・BEST」
(2012年)「Ritmo de la Vida」
(2013年)「TAKISUN Pachamama」

マリアノ・トレス・サルワ








ペルー・クスコ出身。
フリアン トレスの兄。
レグベルタ メンチュ音楽学校にて1年間音楽を学ぶ。
ペルーにてアンデス音楽グループNOKJANCHISメンバーとして活躍。
2000年 初来日
2005年 再来日
2006年

11月よりTAKISUNメンバーに加わる。

担当楽器 ギター・サンポーニャ・ボーカル
CD収録


「NOKJANCHIS」
「Naupaqjina」
(2012年)「Ritmo de la Vida」
(2013年)「TAKISUN Pachamama」